男子日本代表:2016 FIBA ASIAチャレンジ 9日目 5-8位順位決定戦 インドに77-66で勝利し、最終戦へ

AK160918a

 「2016 FIBA ASIAチャレンジ」は大会9日目。準々決勝でヨルダンに敗れた「アカツキファイブ」男子日本代表チームは5-8位順位決定戦に回り、インドと対戦。
 試合前、情報が錯綜したことにより、本来と異なる濃色のユニフォームで会場入りした日本。大会側とインドとの協議の結果、互いに濃色のユニフォームでゲームはスタート(後半は日本が淡色に変更)し、事なきを得ました。

 序盤からコンスタントに得点を重ねていった日本がリードしていきます。「いつもはファウルトラブルになるのですが、今日のインドは我慢していましたし、インサイドの#10アムリートパール・シング選手はやはり大きかったです。落ち着いてプレイし、タフショックを打たなくなっていました。全体的にシュートが安定しており、中国に勝ったのも納得です」と長谷川 健志ヘッドコーチはインドの強さを実感しています。

日の丸のために戦う#35アイラ・ブラウン選手は20点・14リバウンドと活躍
日の丸のために戦う#35アイラ・ブラウン選手は20点・14リバウンドと活躍

 日本がリードを奪っても高さを生かしたインサイドからインドに巻き返され、何度となく点差を詰められました。「起点となる#9 BHRIGUVANSHI選手をやっつけにいこう」と試合前に話していたとおり、プレッシャーを激しくしたことで勢いに乗せず、逆に日本が速攻を走ってインドの体力を奪ったことで77-66とし、勝利しました。昨シーズン、東京エクセレンスでプレイした#10アムリートパール・シング選手に22点・14リバウンド、#27アムジョード・シング選手には18点を与え、長谷川ヘッドコーチも「特にリバウンドで苦しめられました」と話しており、今後も脅威となる可能性を秘めています。

 日本のオフェンスの起点である#35アイラ・ブラウン選手は、20点・14リバウンドとこの試合も活躍を見せ、豪快なダンクシュートで会場を沸かせました。「良い流れのまま40分間どう戦い続けるがひとつのカギであり、そこが出たことで結果につながることができました」と勝因を挙げる#35ブラウン選手。5位決定戦の相手は中国であり、初めてアジアチャンピオンとの対戦を迎えます。「中国戦に特別な意識はないですし、どこが相手でも同じように日の丸のために戦う意識は変わりません」と淡々と話す言葉とは裏腹に、誰よりも情熱を持って日本のために戦っています。

 厳しい日々試合が続き、悔しい結果もありましたが、いよいよ最終日を迎えます。今日の試合で日本が勝ったことにより、次戦の5位決定戦は中国と東アジアサブゾーン同士の対戦となるため、必然的に出場枠が一つ増えます。ベスト4に入った韓国の分と合わせて、来年のFIBA ASIAカップには東アジアサブゾーン予選から4チームが出場できます。

 戦う前に最低限の目標を達成できることとなりましたが、成長につなげるためにもしっかり5位を死守しなければなりません。若いメンバーで参戦している中国の平均身長は2m。日本より平均身長で9cmも高いチームです。さらに、リオデジャネイロオリンピックを経験した選手もおり、5-8位順位決定戦では88-66でチャイニーズ・タイペイを圧倒しました。最後の力を振り絞り、総力戦でアジアチャンピオンに挑みます。

 最終戦、5位決定戦・中国戦は、9月18日(日) 16:15(日本時間 20:45)ティップオフ。大会公式サイトにて速報や試合経過をご覧いただけます。

相手を抜き去る#22藤井 祐眞選手
相手を抜き去る#22藤井 祐眞選手

 
【関連リンク】
2016 FIBA ASIAチャレンジ 大会特設サイト
予選1次ラウンド第1戦 男子日本代表チームは韓国に73-80で敗れ、黒星スタート(2016年9月10日発信)
予選1次ラウンド第2戦  タイに96-67で勝利し、グループD2位で予選2次ラウンドへ(2016年9月12日発信)
予選2次ラウンド第1戦 イラクに67-65で逆転勝利し、予選2次ラウンドは白星スタート(2016年9月13日発信)
予選2次ラウンド第2戦 地元・イランに57-68で惜敗。決勝トーナメント進出を懸け、カタールと対戦(2016年9月14日発信)
予選2次ラウンド最終戦(第3戦) カタールを79-65で破り、グループF3位で準々決勝進出決定 (2016年9月15日発信)
準々決勝 ヨルダンに80-87で惜しくも敗れ、ベスト4進出ならず (2016年9月17日発信)