男子U16日本代表:第5次強化合宿では男子U19日本代表の戦いをお手本にレベルアップ

AK170831a

 平成29年度バスケットボール男子U16日本代表チームは、8月28日(月)〜30日(水)の期間、味の素ナショナルトレーニングセンターにて第5次強化合宿を実施しました。
 夏は成長できる季節。インターハイを終え、今月は2度の強化合宿を行い、選手たちは見違えるようなたくましくなっています。トーステン・ロイブルヘッドコーチは、「常に素晴らしいプレイを常識にし、次はこのレベルからスタートさせ、さらに積み上げていこう」と選手たちに伝えるほど、充実した合宿となりました。

 今合宿より3名、新たに選考された候補選手が加入したことにより、競争が増したことも練習の質が上がったひとつの要因です。「選手を発掘するために試合や映像を見たり、推薦を受けたりしながら追加招集しました」とロイブルヘッドコーチは話し、大会日程がまだ先のため、新たな戦力を常に探しています。その一人である東海林 奨選手(昌平高校 2年)は、第4次強化合宿で男子U16日本代表との練習試合で24点を決めた活躍が認められ、合宿に参加する権利を得ました。

「第25回日・韓・中ジュニア交流競技会」でアジアのライバルとの試合を経験した結城 智史選手(土浦日本大学高校 1年)
「第25回日・韓・中ジュニア交流競技会」でアジアのライバルとの試合を経験した結城 智史選手(土浦日本大学高校 1年)

 また、世界のトップ10入りをした男子U19日本代表チームの躍進も、大きな刺激になっています。「カナダやスペイン、イタリアといった強豪を相手にどうリバウンドを戦ったのかを映像で見せました。コーチが言っても選手たちは理解しづらい部分はありましたが、実際に同じ日本人が戦っている映像を見せることで簡単に納得してくれますし、説得力が全く違います」とロイブルヘッドコーチが言うように、男子U19日本代表チームの戦いを見習いながら強化を進めています。

 そのメンバーの一人であった西田 優大選手(東海大学 1年)の弟、西田 公陽選手(福岡大学附属大濠高校 1年)は、「兄と同じようなプレイはまだまだできませんが、少しでも近づきたいと思っています。兄をはじめ、同じ日本人が世界と戦っている映像を見たことで納得できたり、やればできるんだと勇気づけられることも多くあります」とモチベーションを高く持って練習に励んでいました。

 先日行われた「第25回日・韓・中ジュニア交流競技会」にて、茨城選抜チームの一員として一足早くアジアのレベルを経験できたのは、結城 智史選手 (土浦日本大学高校 1年)です。来日した中国チームのメンバーはU16代表候補選手たちでした。ライバルと対戦し、「中国は大きく、自分たちとは身長差があり、簡単にレイアップにはいけませんので、工夫してシュートをしたり、3Pシュートの精度やミドルシュートの確率を上げていかないと勝てないと思いました」と課題が明確となったことで、今合宿では積極性が増しています。

 男子U19日本代表チームの活躍を通し、「アグレッシブにプレイし、貪欲にボールを追いかけ、さらに勝ちたい意欲が国際大会では必要です。プレイ面ではボールを動かしてスペーシングをしっかりと作ることを重視しています。トランジションやモーションオフェンスのコンセプトとプレッシャーディフェンスを徹底してきたことが、少しずつ浸透しはじめています」とロイブルヘッドコーチが掲げる日本のスタイルの成果が見られ始めています。

 その成果を試す「FIBA U16 Asian選手権大会2017」の開催日等の詳細がまだ決定していません。大平 敦チームリーダーは合宿後、「まだ目標は決まっていないが、国内とは違って急に開催が決まることもあるので、常に緊張感を持って準備するように」と選手たちに伝えました。次回、第6次強化合宿は9月25日(月)から3日間を予定しています。開催日が延びたことで、「その分、時間の余裕ができました。まだ、ビッグマンとシューターの課題は解決できていません。この2つのポジションを探していますし、その実力を証明してくれれば男子U16日本代表のメンバー入りにもまだ間に合います」とロイブルヘッドコーチは呼びかけ、選手発掘を平行しながら、今いる候補選手たちを強化していきます。

男子U19日本代表の兄・優大選手を目標に努力を続ける西田 公陽選手(福岡大学附属大濠高校 1年)
男子U19日本代表の兄・優大選手を目標に努力を続ける西田 公陽選手(福岡大学附属大濠高校 1年)

 
■平成29年度バスケットボール男子U16日本代表チーム
 FIBA U16 Asian選手権大会2017 日本代表候補選手 第5次強化合宿 メンバー表

【チームスタッフ】
チームリーダー 大平 敦 (鎌倉市立岩瀬中学校)
ヘッドコーチ トーステン・ロイブル (JBA)
コーチ 島ノ江 耕平 (株式会社栃木ブレックス)
コーチ 原 裕之 (光市立島田中学校)
コーチ 宗岡 安隆 (帯広市立南町中学校)
スポーツパフォーマンスコーチ 佐藤 晃一 (JBA)
トレーナー 細川 英範 (HOKUMA)
マネージャー 古海 五月 (JBA)
テクニカルスタッフ 末広 朋也 (JBA)
通訳 本永 昌生 (JBA)

【選手】
中村 拓人 (中部大学第一高校 2年)
山崎 凜 (土浦日本大学高校 2年)
東海林 奨 (昌平高校 2年)
結城 智史 (土浦日本大学高校 1年)
岩﨑 光瑠 (近畿大学附属高校 1年)
鍵谷 和輝 (桐光学園高校 1年)
西田 公陽 (福岡大学附属大濠高校 1年)
松尾 海我 (尽誠学園高校 1年)
江原 信太朗 (実践学園高校 1年)
横地 聖真 (福岡大学附属大濠高校 1年)
星川 堅信 (洛南高校 1年)
河村 勇輝 (福岡第一高校 1年)
三谷 桂司朗 (県立広島皆美高校 1年)
田中 力 (横須賀市立坂本中学校 3年)
浅野 ケニー (江戸川区立二之江中学校 3年)

※所属は2017(H29)年8月28日現在

【関連リンク】
・平成29年度(2017年度) バスケットボール男子U16日本代表チーム 特設ページ