平成28年度男子U-18日本代表チーム 第28回アルバート・シュバイツァー・トーナメント 予選ラウンド第4戦 試合結果

2016U18mGER1

平成28年度バスケットボール男子U-18日本代表チームは、3月26日(土)よりドイツ・マンハイム、フィールンハイムで開催されている「第28回アルバート・シュバイツァー・トーナメント」に参加しています。
大会5日目の3月30日(水)、男子U-18日本代表チームは予選ラウンド第4戦をアルゼンチンと対戦しました。
つきましては、試合結果について下記の通りお知らせいたします。

■平成28年度バスケットボール男子U-18日本代表チーム
第28回アルバート・シュバイツァー・トーナメント
予選ラウンド第4戦 試合結果

◇2016年3月30日(水) 15:30~ 会場:GBG Halle Mannheim

日本(1勝3敗) ○ 76-71 ● アルゼンチン(1勝3敗)
(15-19, 11-14, 33-10, 17-28)

【ゲームレポート】
1日休息日を挟んで大会後半、日本は第4戦をアルゼンチンと対戦。アルゼンチンはスターターに200cmオーバーが3人、そのうちセンターの#10 Caffaroは212cmと高さを誇るチーム。リバウンドが鍵を握る試合だと予想したアルゼンチン戦。午前中のミーティングでロイブルヘッドコーチは、 これまでの3ゲームの日本の平均得点55点、平均失点86点を指摘し、アルゼンチン戦の目標を得点+15点以上、失点-15以下に設定してゲームに臨ん だ。

ゲームは序盤、アルゼンチンにインサイドから得点を挙げられるも、日本も#6三上と#14西田の確率の高い3Pシュートで応戦する。アルゼンチン が先行してゲームが進むが、日本は粘りを見せ、26-33の7点ビハインドで前半終了。後半に入ると一転、日本は全員でディフェンスとリバウンドを頑張 り、そこから#15伊藤のレイアップ、前半から好調な#6三上と#14西田の3Pシュートで一気に逆転に成功する。16点リードで迎えた最終ピリオド、日 本はミスからアルゼンチンに連続得点を与え、残り2分に追いつかれるも、最後はキャプテン#6三上が3Pシュートを決め勝負あり。#6三上が23点(3P シュート5本)、#14西田が21点(3Pシュート5本)の活躍が光り、76-71で日本は大きな1勝を挙げた。

第1ピリオド、立ち上がり、高さに勝るアルゼンチンにインサイドプレイで得点されるも、日本も#6三上の3Pシュートで応戦し、開始5分で 10-11と一進一退の攻防を繰り広げる。しかしその後、アルゼンチン#11Valuet(194cm/SF)のミスマッチな部分を突かれ、得点を許す。 15-19、日本は4点ビハインドで第1ピリオド終了。

第2ピリオド、スターターの#9西野に代わって#4シェーファーを起用すると、リバウンドとブロックショットで存在感を現し、良い流れを呼び込 む。また、疲れの見え始めたアウトサイド陣に代わって大型ガードの#10赤穂、オールラウンダーの#13鍵富をコートに送り出すと、ディフェンスとリバウ ンドで貢献し、食らいついていく。しかしながら、アルゼンチンに力強いペネトレーションとミスマッチオフェンスで加点され、追いつくことが出来ない。 26-33、アルゼンチンリードのまま前半終了。

第3ピリオド、追いかける日本は#15伊藤のレイアップシュート、#6三上と#14西田の3Pシュートで連続得点を挙げ、主導権を握る。さらに は、#9西野と#12三森のセンター陣がリバウンドを頑張り、相手にセカンドチャンスを許さない。するとアルゼンチンは単発な攻めが続き、得点が伸び悩 む。勢いに乗る日本は積極的にメンバーチェンジを行うと、スピードが持ち味のポイントガード#11テーブス、#4シェーファーや#7中村のセンター陣と、 個々が自分の役割をこなし、リードを広げていく。このピリオドを33-10と大量リードを奪い、59-43と16点差をつけて最終ピリオドへ。

第4ピリオド、日本は途中交代の#8津屋のレイアップシュートで加点すると、守りではチェンジングディフェンスを用いて、相手のリズムを狂わせ る。しかしその後、日本はシュート前のミスが続くと、そこから高さと身体能力に勝るアルゼンチンは1on1がじわじわと追い上げる。残り2分、ついに同点 に追いつかれた日本は、相手にフリースローを与え一時逆転を許す。しかし、すぐさま日本も#15伊藤のフリースロー、速攻から#4シェーファーのリバウン ドショットでリードを渡さない。残り18秒には、キャプテン#6三上のロング3Pシュートが決まり勝負あり。最終的に76-71で日本が逃げ切り、今大会 初白星を挙げた。

【ダウンロード】第28回アルバート・シュバイツァー・トーナメント 予選ラウンド第4戦 試合結果【BOXスコア】

■強化活動
<第2次強化合宿(ドイツ遠征)>

日 程:2016(H28)年3月24日(木)~4月4日(月)
渡航地:ドイツ・マンハイム、フィールンハイム

【第28回アルバート・シュバイツァー・トーナメント 大会概要】
日 程:2016(H28)年3月26日(土)~4月2日(土)
開催地:ドイツ・マンハイム、フィールンハイム
会 場:GBG Halle Mannheim、Waldsporthalle Viernheim

参加チーム:12チーム
[グループA]オーストラリア、セルビア、アルゼンチン、トルコ、ドイツ、日本
[グループB]エジプト、ギリシャ、イタリア、中国、アメリカ、フランス

大会公式サイト:
http://www.basketball-bund.de/ligen-ergebnisse/albert-schweitzer-turnier