女子日本代表:「FIBA女子アジアカップ2017」の組み合わせが決まり、スタートした第3次強化合宿

ak170519a

 アメリカ遠征を終えた「AKATSUKI FIVE」平成29年度バスケットボール女子日本代表チームは、5月18日(木)より第3次強化合宿をスタート。
 アメリカ遠征時から、NBAニューヨーク・ニックスのアシスタントコーチのコーリー・ゲインズ氏をアドバイザリーコーチとして招へいし、日本がステップアップするための強化に携わっていただいています。第3次強化合宿より本格的な指導が始まり、バリエーションを増やす作業を行なっています。

トム・ホーバス ヘッドコーチとコーリー・ゲインズ アドバイザリーコーチから多くのバリエーションを吸収している司令塔・町田 瑠唯選手(富士通 レッドウェーブ)
トム・ホーバス ヘッドコーチとコーリー・ゲインズ アドバイザリーコーチから多くのバリエーションを吸収している司令塔・町田 瑠唯選手(富士通 レッドウェーブ)

 ポイントガードの町田 瑠唯選手(富士通 レッドウェーブ)はアメリカ遠征を経て、多くの反省点があったとともに、「スピードはオリンピックでも通用していましたが、アメリカ遠征でも負けていなかったので、さらに自信になりましたし、持ち味として突き詰めていきたいです」と前向きな成果も得られました。
 町田選手は、練習中から、第1次・第2次強化合宿を勝ち抜いて遠征メンバーに入った新たなインサイドプレイヤーの河村 美幸選手(シャンソン化粧品 シャンソンVマジック)や赤穂 さくら選手(デンソー アイリス)とは率先してコミュニケーションを取り、「動き方や役割が分かってきたことで、プレイが上手くいくようになっています」と成長も感じられています。また、昨年のオリンピックでもともに戦い、一緒にプレイする機会が増えている髙田 真希選手(デンソー アイリス)と大﨑 佑圭選手(JX-ENEOSサンフラワーズ)には、「安心感がすごくあります」と信頼を寄せており、プレイの幅を広げています。

 今合宿が始まる前、本年7月にインドにて開催される「FIBA女子アジアカップ2017」の組み合わせが決まりました。
 予選ラウンドで日本(FIBAランキング13位)は、韓国(同15位)、フィリピン(同49位)、オーストラリア(同4位)と同じグループBに入りました。逆サイドのグループAには、ライバルの中国(ニュージーランド、チャイニーズ・タイペイ、北朝鮮)がいます。
 同組となったオーストラリアとは昨年のオリンピックで対戦し、最大16点差をつけ、残り3分40秒まで勝っていました。「アメリカ遠征でもオリンピックの時と全く同じように、勢いに乗って相手についていくことはできましたが、それを40分間継続できなかったことが課題です。特に相手がアジャストしてくる後半こそ、対応する力が必要です」と大﨑選手は課題点を挙げています。

 オーストラリアがアジア枠に入ってきたことは、「アジア3連覇」を目指す女子日本代表チームにとって厳しい戦いが強いられます。しかし東京オリンピックを見据えれば、「世界ランク4位のオーストラリアと常に試合ができるというのはプラスになると思います」と大﨑選手は前向きに捉えていました。加えて、「特に今年は時間がありません」と危機感を持っています。新体制となり、新たな若手選手が台頭する中、「FIBA女子アジアカップ2017」開幕まではあと2ヶ月程度。「本当に時間がないので、うまくいかなくてもヘッドダウンして(下を向いて)いる暇もないです。全部を吸収して、プラスの雰囲気で仕上げていきたいです」と話し、チームを明るく引っ張っています。

 「AKATSUKI FIVE」女子日本代表チームは、来週5月23日(火)まで国内で合宿を行なった後、翌5月24日(水)よりヨーロッパ遠征へ出発します。遠征中はスペイン、マケドニア、セルビアと3か国をまわりながら、世界トップレベルを相手に実戦強化を積み、レベルアップを図ります。

FIBA女子アジアカップまで「時間がない」と危機感を持ってチームを引っ張る大﨑 佑圭選手(JX-ENEOSサンフラワーズ)
FIBA女子アジアカップまで「時間がない」と危機感を持ってチームを引っ張る大﨑 佑圭選手(JX-ENEOSサンフラワーズ)

【関連リンク】
平成29年度女子日本代表チーム 第3次強化合宿/ヨーロッパ遠征開催のお知らせ(2017年5月16日配信)
バスケットボール女子日本代表国際強化試合2017 三井不動産カップ(7月8日(土)、9日(日) ウイングアリーナ刈谷)
FIBA女子アジアカップ2017 大会公式サイト