女子日本代表:「女子日本代表国際強化試合2017 三井不動産カップ」はウイングアリーナ刈谷にて本日開幕!

AK170708a

 本日7月8日(土)より、ウイングアリーナ刈谷(愛知県刈谷市)にて「バスケットボール女子日本代表国際強化試合2017 三井不動産カップ」が開幕。「FIBA女子アジアカップ2017(7月23日(日)~29日(土)/インド・バンガロール)」への出場メンバー12名が決まった「AKATSUKI FIVE」女子日本代表チームは、女子オランダ代表との2連戦を行います。

吉田 亜沙美キャプテンは、「バスケットボールをもっともっと多くの方にも好きになってもらいたい」とファンの方へメッセージを残すとともに、選手たち自身もこの試合を楽しみにしています。
吉田 亜沙美キャプテンは、「バスケットボールをもっともっと多くの方にも好きになってもらいたい」とファンの方へメッセージを残すとともに、選手たち自身もこの試合を楽しみにしています。

 アメリカ遠征、ヨーロッパ遠征、そして先日まで全米大学チャンピオンのサウスカロライナ大学と実戦形式の強化を積んできました。吉田 亜沙美キャプテンは、「リバウンドの部分で日本はずっと弱いと言われ続けてきましたが、ぶつかり合いやボックスアウトも少しずつは良くなっており、もっともっとできると思っています」と現在のチーム状況を語るとともに、課題克服へ向けて取り組んでいます。

 FIBA女子アジアカップでライバルとなるオーストラリアや中国の高さを想定した強化試合。対戦する女子オランダ代表は、最高身長195cmの#15リシェレ・ファン デル ケイル選手を筆頭に190cm台の選手が3人おり、日本の平均176.9cmより約6cmも上回る平均182.6cmの高さを誇ります。#1ジル・ベットンフィル選手など昨年の女子ユーロバスケット予選に出場した代表経験者は4人のみ、平均22.5歳の若いチームです。その#1ベットンフィル選手は、先月フランスで行われた3×3ワールドカップ2017にも女子オランダ代表として出場し、世界4位へと導きました。

 ファンの皆様の前で、これまでの合宿の成果を試す三井不動産カップ。吉田キャプテンは、「自分たちが楽しんでバスケットをしている姿を見せられる機会です。バスケットボールをもっともっと多くの方にも好きになってもらいたいですし、日本のバスケットを広めるためにも選ばれた12名が全力で戦います」とメッセージをいただきました。アジア3連覇を目指す「AKATSUKI FIVE」女子日本代表チームの戦いをお見逃しなく。

 本日は12:30より開場し、前座試合の後、16:00より第1戦はティップオフ。刈谷駅北口産業振興センター前より無料シャトルバスが運行しますので、ぜひご利用ください。また、来場者全員に「AKATSUKI FIVE 光る団扇」をプレゼント。会場に来られない方は「スポナビライブ」(LIVE配信)スカパー!プレミアムサービス609ch「EXスポーツ」(生中継)でもお楽しみいただけます。

 会場等でご覧いただき、「AKATSUKI FIVE」女子日本代表チームへの応援をよろしくお願いします。

平均182.6cmの女子オランダ代表を相手に、FIBA女子アジアカップへ向けた最終調整
平均182.6cmの女子オランダ代表を相手に、FIBA女子アジアカップへ向けた最終調整

【関連リンク】
バスケットボール女子日本代表国際強化試合2017 三井不動産カップ