女子日本代表:「女子日本代表国際強化試合2017 三井不動産カップ」最終戦は14時ティップオフ!

170709a

 「バスケットボール女子日本代表国際強化試合2017 三井不動産カップ」の第2戦は、ウイングアリーナ刈谷(愛知県刈谷市)にて14時ティップオフ。「AKATSUKI FIVE」女子日本代表チームは、「FIBA女子アジアカップ2017(7月23日(日)~29日(土)/インド・バンガロール)」へ向けた最後の強化試合に臨みます。

#7水島 沙紀選手の持ち味であるドライブをさらに出す2戦目に期待
#7水島 沙紀選手の持ち味であるドライブをさらに出す2戦目に期待

 今年、日本代表メンバーに初選出されたのは#1 藤岡 麻菜美選手、#7 水島 沙紀選手、#22 河村 美幸選手の3人。応援に駆けつけたトヨタ自動車 アンテロープスのチームメイトが見守る前でデビュー戦を飾った#7水島選手は、「緊張はなかったですし、心強かったです」と感想を述べました。一方、自身のプレイについては、「ドライブがまだまだ生かせていません。その持ち味をしっかり出せるようにしたかったです」と反省点を挙げています。今日の試合ではさらに積極的に自分らしさを出してプレイすることを誓いました。

 2014年は、FIBA女子世界選手権(現:FIBA女子ワールドカップ)とアジア競技大会が同時期に行われたため、2つの女子日本代表チームを編成し、世界との戦いに挑みました。内海 知秀 元ヘッドコーチが率いる女子日本代表AチームはFIBA女子世界選手権へ、一色 建志 元ヘッドコーチ率いる言わばBチームはアジア競技大会に出場。そのBチームのメンバーとして日本代表歴があるのが#30 馬瓜 エブリン選手と#39 赤穂 さくら選手です。今回が初選出ではありませんが、2人にとってはこれが初めての正式なる日本代表メンバー入りという気持ちは強いです。

 #30馬瓜選手は昨年、リオデジャネイロオリンピックの女子日本代表候補選手でしたが最終選考で落選し、涙を呑みました。今年は3番ポジションに取り組み、その座を掴んでいます。「大差で勝った試合でしたが、まだまだ自分たちのバスケットはできていなかったと思います。ディフェンスでもオフェンスでも少しのミスであったり、まだ完璧にはできていません」と話すとともに、#7水島選手同様、「マイナスの部分を無くし、それをプラスに変えて、次の試合ではさらに良いパフォーマンスができるように努力していきたいです」と抱負を語りました。

3番ポジションに取り組み、日々成長を見せる#30 馬瓜 エブリン選手
3番ポジションに取り組み、日々成長を見せる#30 馬瓜 エブリン選手

 昨日は91-42と49点差をつけて完勝。しかし、これは強化試合です。トム・ホーバスヘッドコーチは、高さ対策の一環とし、「ローポストのディフェンスはいろいろな種類を試し、それを何度も変えていました。この試合を通じてもっとうまくなりたいですし、もっと勉強したいです」と貪欲です。その裏側には、「私が目指バスケットのレベルはもっと高い位置にあります。今日は49点差で勝ちましたが足りない部分も結構ありました」とホーバス ヘッドコーチが求めるさらなる高みを目指し、本日行われる第2戦に臨みます。

 昨日のウイングアリーナ刈谷に集まったファンの皆様は、「AKATSUKI FIVE 光る団扇」(来場者全員プレゼント)を光らせ、思い思いの声援を注ぎ、非常に良い雰囲気の中で戦うことができました。「AKATSUKI FIVE」女子日本代表チームだけではなく、オランダ代表も褒めていたそうです。
 #12 吉田 亜沙美キャプテンは、「昨年のオリンピックの効果かもしれませんが、バスケットボールファンが少しずつ増えていると思いますし、今日の会場でも応援には一体感がありました。私たち選手にとっては、本当に幸せなことですし、本当に楽しくバスケットをすることができました。今度はファンの方に楽しんでもらうためにも、私たちがコートで楽しんでプレイすることが伝わるようにしたいです。そして、さらにバスケットファンを増やすためにもアジアカップで結果を残すことが大事。そこを意識し、全力で日本のバスケットを見せたいです」と、昨日よりも今日の方がより質の高いバスケットをできるよう全力を尽くします。

 先週、サウスカロライナ大学との2戦目に大差をつけて勝利した次戦は、反省点の多い試合となりました。それはこれまでのアメリカやヨーロッパ遠征でも同じことがあり、勝利とともに内容が求められます。若いチームにとっての進化が問われる「三井不動産カップ」へ本日も多くの方々のお越しをお待ちしております。

 本日の開場時間は12時を予定しています。刈谷駅北口産業振興センター前より無料シャトルバスが運行しますので、ぜひご利用ください。
 会場に来られない方は「スポナビライブ」(LIVE配信)スカパー!プレミアムサービス609ch「EXスポーツ」(生中継)でも放送がありますので、最終戦をお楽しみください。

【関連リンク】
バスケットボール女子日本代表国際強化試合2017 三井不動産カップ 大会公式サイト