女子U17日本代表:7月21日に開幕する「FIBA女子U17ワールドカップ2018」へ向け、ベラルーシへ出発

ak180717a

 平成30年度女子U17日本代表チームは7月16日(月)、味の素ナショナルトレーニングセンターにて「FIBA U17女子バスケットボールワールドカップ2018」へ向けた国内最終合宿を実施。女子日本代表のトム・ホーバスヘッドコーチから「日本の速いバスケットを出すことができれば、世界でも勝てる。それを信じてがんばって欲しい」という激励を受け、本日7月17日(火)に開催地であるベラルーシ・ミンスクへと出発しました。

女子U17日本代表のキャプテン、林 未紗選手
女子U17日本代表のキャプテン、林 未紗選手
 昨年の「FIBA U16女子アジア選手権大会2017」では、オーストラリアに60-61と惜しくも1点及ばず準優勝。しかし、そのオーストラリアはFIBA U17女子ワールドカップ前回大会(2016年)のチャンピオンです。あと一歩届かなかった悔しさとともに、世界にも通用する手応えを実感した選手たちは『メダル獲得』を目標に掲げました。

 日本はフランス、ベラルーシ、コロンビアと同じグループAで予選ラウンドを戦います。開幕戦はヨーロッパチャンピオンのフランスです。「もう思い切ってチャレンジしていくだけです。選手たちが通用する点や課題点を身をもって経験できることは大きいです」と萩原美樹子ヘッドコーチは最初に強豪と対戦できることを前向きに捉えていました。その経験を生かし、続く地元のベラルーシとコロンビア戦で連勝できるよう照準を合わせます。

 ドライブの速さやしつこいディフェンスなど、小さな日本人選手でも世界に通用する術は必ずあります。実際、女子日本代表はそこを突き詰めているとともに、女子U17日本代表にとっては良いお手本です。その映像を見せながら今合宿では「オフェンスの部分を少し整理して、どのディフェンスが寄ってくることでどこが空くかを確認しました。まだまだ短い時間帯ですが、スクリメージをしたときに少しずつ体現してくれました」と成果は見られ始めています。現地に着いてからカナダとのスクリメージが予定されており、7月21日(土)の開幕戦へ向けてさらなる準備を進めていきます。

 今大会は全16チームが4つのグループに分かれて予選ラウンドを行い、順位を決めます。日本が属するグループAは、グループB(中国、アメリカ、イタリア、マリ)の順位に沿って、たすき掛け(グループA1位vsグループB4位、グループA2位vsグループ3位、グループA3位vsグループB2位、グループA4位vsグループB1位)での決勝トーナメント1回戦に臨み、勝ったチームがベスト8進出。メダル獲得を目指す女子U17日本代表ですが、まずは確実にベスト8入りを狙っており、そのためにも予選ラウンドの順位とともに1回戦を突破することが重要です。

マヤ ソフィア・マッカーサー選手はラトビア遠征にも参加し、チームワークが向上
マヤ ソフィア・マッカーサー選手はラトビア遠征にも参加し、チームワークが向上

■FIBA 女子U17ワールドカップ2018 概要

【日程】
2018(H30)年7 月21 日(土)〜29 日(日)

【開催地】
ベラルーシ・ミンスク(会場:Sports Palace & Falcon Club Arena)

【出場チーム】(16 チーム)
・グループA:日本、コロンビア、ベラルーシ、フランス
・グループB:中国、アメリカ、イタリア、マリ
・グループC:アルゼンチン、ニュージーランド、スペイン、ハンガリー
・グループD:アンゴラ、ラトビア、カナダ、オーストラリア

【試合方式】
・各グループで1 回戦総当たりの予選ラウンドを行い、グループ内順位を決定。
・その順位に基づきグループA とB、グループC とD の組み合わせ(たすき掛け)で決勝トーナメント1回戦を行う。
(A1-B4、A2-B3、A3-B2、A4-B1、C1-D4、C2-D3、C3-D2、C4-D1)
・順位決定戦を行う。

【FIBA 大会公式サイト】
http://www.fiba.basketball/world/u17women/2018

【関連リンク】
・平成30年度女子U17日本代表チーム FIBA女子U17ワールドカップ2018 日本代表選手発表(2018年7月5日)